忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区上野桜木1-16-15 (寛永寺) 

  厳有院霊廟 勅額門・水盤舎



 4代将軍家綱は、慶安4年(1651)4月に父・家光の死に伴って、わずか10才で将軍の座につき、延宝8年(1680)5月8日に39才で没した。法名を厳有院という。
 病気がちであった家綱時代の政務は、主として重臣の手に任されていたが、とくに後半の政治を担当した大老・酒井忠清が有名である。時代は家綱の襲職直後に起った由比正雪の乱の解決を機に、ようやく安定期に入った。
 家綱の霊廟の一部は維新後に解体されたり、第二次世界大戦で焼失したが、この勅額門と水盤舎(ともに重要文化財)は、その廟所と共に、これらの災を免れた貴重な遺構である。勅額門の形式は四脚門、切妻造、前後軒唐破風付、銅瓦葺。
 なお、このうち水盤舎は延宝8年(1680)に家綱のために造立されたものであるが、この勅額門は昭和32年(1957)の改修時に発見された墨書銘によって、もと家光の上野霊廟の勅額門であったものを転用したものと考えられる。
 平成6年(1994)3月 台東区教育委員会



      TOKUGAWA IETSUNA'S MAUSOLEUM GATE PLAQUE
 The fourth Shogun Tokugawa Ietsuna had to sit on the seat of the Shogun when he was merely 10 years old in April 1651,and he died in May 1680 at the age of 39.
 Ietsuna often became sick and thus his political affairs were mainly left to the senior statesmen.Especially,Sakai Tadakiyo,the Chief Minister who was in charge of the politics in the last half,is very famous.
 Part of Ietsuna's mausoleum was desassembled after the Meiji Restoration or burnt during the second World War,but this Ietsuna's mausoleum gate plaque directly written by the Emperor of the time was fortunately undamaged and still remains as an important cultural asset of the nation.

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性