忍者ブログ
東京都台東区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区鳥越2-4-1 (鳥越神社)

 当神社は、白雉2年(651)の創建。日本武尊、天児屋根命、徳川家康を合祀している。
 社伝によると、日本武尊が、東国平定の道すがら、当時白鳥村といったこの地に滞在したが、その威徳を偲び、村民が白鳥明神として奉祀したことを起源とする。後、永承年間(1046~1052)、奥州の安倍貞任らの乱(前9年の役)鎮定のため、この地を通った源頼義、義家父子は、名も知らぬ鳥が越えるのを見て、浅瀬を知り、大川(隅田川)を渡ったということから鳥越大名人と名付けた。以後、神社名には鳥越の名を用いるようになり、この辺りは鳥越の里と呼ばれるようになった。天児屋根命は、武蔵の国司になった藤原氏がその祖神として祀ったものとされる。また、徳川家康を祀っていた松平神社(現、蔵前4丁目16番付近)は、関東大震災で焼失したため大正14年(1925)に当社に合祀された。
 例大祭は、姪とし6月9日前後の日曜。千貫神輿といわれる大みこしの渡御する「鳥越の夜祭」は盛大に賑い、また正月8日に正月の片付け物を燃やす行事「とんど焼き」も有名である。
 平成11年(1999)3月  台東区教育委員会

境内末社には「志志岐神社 」「福寿神社」があります。



                         TORIKOE SHIENE
 The Torikoe Shrine,founded in about 651,is an establlshment dedicated to Yamato-takeru-no-mikoto.Amanokoyano-no-mikoto and Tokugwa Ieyasu.Its festival is held on the Sunday near June 9,and the passage of a gigantic portable shrine,which is called a 1000-kan(quite heavy)portable shrine,attracts many people as the Night Festival of Torikoe.The Tondo-yaki held on January 8 is an event in which New Year decorations,the preceding year's charms,etc. are gathered and burned in the compounds of the shrine.
PR


所在地 台東区鳥越2-4-1 (鳥越神社)

 御祭神 豊玉姫命
 御由緒 当社は、その本社対馬國下懸郡久田村にあり、往昔より安産を守る神として崇められている。

御祭神豊玉姫命は、海神の鸕鷀(うがや)の翼を用い草として葺けるに未だ葺き合えざるに安産し給うに依りて、御子鸕鷀葺不合尊(みこうがやふきあえずのみこと)と申奉る。此の故事により対馬國人本社を安産の神として崇め奉るに依りて、藩主宗対馬守、寛永年間にその邸内社を現在の台東1丁目2番辺りにに勧請し、屋敷の守護神となし、安産の神として諸人に参拝せしめられたり。産婦社域内の御石を頂き安産を祈り、お礼に御石を納め箒を納める風習あり。
 平成13年(2001)、鳥越神社御鎮座1350年を奉祝し、其の社を境内末社として鎮め祀る。
     鳥越神社


所在地 台東区鳥越2-4-1 (鳥越神社)

     福寿神社  
 
 例祭日 3月15日 10月25日

 祭神 倉稲魂命
お稲荷さんと一般に言われ、福徳開運十種の徳をそなえ、農工商、衣食住の守護神として、信仰の厚い神様です。

 祭神 大黒天神 恵比寿神
七福神のうちの二神で福徳開運、延寿、医療、智恵、善心を司どる神様です。

 祭神 菅原道真公(菅公)
文章博士、学問の神様として広く信仰があり、天神様と尊称されています。九州大宰府天満宮の飛梅のお話は、あまりにも有名です。

     鳥越神社


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性