忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区鳥越2-4-1 (鳥越神社)

 当神社は、白雉2年(651)の創建。日本武尊、天児屋根命、徳川家康を合祀している。
 社伝によると、日本武尊が、東国平定の道すがら、当時白鳥村といったこの地に滞在したが、その威徳を偲び、村民が白鳥明神として奉祀したことを起源とする。後、永承年間(1046~1052)、奥州の安倍貞任らの乱(前9年の役)鎮定のため、この地を通った源頼義、義家父子は、名も知らぬ鳥が越えるのを見て、浅瀬を知り、大川(隅田川)を渡ったということから鳥越大名人と名付けた。以後、神社名には鳥越の名を用いるようになり、この辺りは鳥越の里と呼ばれるようになった。天児屋根命は、武蔵の国司になった藤原氏がその祖神として祀ったものとされる。また、徳川家康を祀っていた松平神社(現、蔵前4丁目16番付近)は、関東大震災で焼失したため大正14年(1925)に当社に合祀された。
 例大祭は、姪とし6月9日前後の日曜。千貫神輿といわれる大みこしの渡御する「鳥越の夜祭」は盛大に賑い、また正月8日に正月の片付け物を燃やす行事「とんど焼き」も有名である。
 平成11年(1999)3月  台東区教育委員会

境内末社には「志志岐神社 」「福寿神社」があります。



                         TORIKOE SHIENE
 The Torikoe Shrine,founded in about 651,is an establlshment dedicated to Yamato-takeru-no-mikoto.Amanokoyano-no-mikoto and Tokugwa Ieyasu.Its festival is held on the Sunday near June 9,and the passage of a gigantic portable shrine,which is called a 1000-kan(quite heavy)portable shrine,attracts many people as the Night Festival of Torikoe.The Tondo-yaki held on January 8 is an event in which New Year decorations,the preceding year's charms,etc. are gathered and burned in the compounds of the shrine.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性