忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区池之端1-6-13

  境稲荷神社

  祭神 倉稲魂命

 文明年間(1469~1487)足利9代将軍足利義尚公により創祀されたと伝えられ忍が岡と向が岡の境に鎮座するところから境稲荷と称され両村の総鎮守であった。
 寛延3年(1750)隣地岡上の松平邸より出火した火災により社殿をはじめ足利義尚公自筆の扁額や重宝古記録とも焼失したが別当慈海によって再建された。
 現参道口鳥居の扁額はこの時拝殿に奉納された半井大和守筆の額字を写したものである。



 古歌「忍ぶ岡向ふる岡の境なる神のやしろは松の下谷」
 その後明治28年(1895)3月戦禍を受け現在の本殿拝殿鳥居並に社務所は平成5年(1993)の造営である。
 境内本殿裏の井戸はその昔の当社別当原泉山三光寺の名称からも非常に古くからの湧水であることが知られ江戸の地誌にも「弁慶鏡ヶ井」と在り名水をもって知られている。
  境稲荷神社
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性