忍者ブログ
東京都台東区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区東浅草2-16-1

駿馬塚
 駿馬塚は、平安時代の康平年間(1058~1064)源義家が陸奥へ向かう際、この地で愛馬「青海原」が絶命し、これを葬った所と伝えている。
 現存する塚は、明治28年(1895)造立の石碑や石造層塔の一部を遺すのみだが、天保7年(1836)刊行の『江戸名所図会』には左の挿絵を載せており、江戸時代後期には土饅頭型の塚や「駿馬塚」と書した石碑が建っていたようである。
 現在、付近の人々はこの塚を「馬頭観音」と呼び、覆屋等を設けて大切に守っている。
 平成10年(1998)3月 台東区教育委員会

     MOUND OF THE FLEET STEED
 This mound is said to be the grave of the beloved horse of the 11th Century samurai Minamoto no Yoshiie who passed here on his way to an expedition to the Tohoku region.
 In an illustration from an early 19th Century book,the mound is introduced in this light,and at also provides us with glimpses of the lifestyle of that period.
 Presently the mound is carefully preserved through the eddorts of the people in the neighborhood.


所在地 台東区東浅草2-12-13

東禅寺

 境内には『』、『』があります。



所在地 台東区東浅草2-12-13 (東禅寺)

東京都指定有形文化財(彫刻)
 銅造地蔵菩薩坐像
     大正14年(1925)5月指定
     昭和45年(1970)8月3日名称変更



 江戸六地蔵は、深川の地蔵坊正元が病気平癒に感謝して造立を発願し、多くの人々の浄財を集め、江戸市中六ヶ所に勧請したものである。全身にある陰刻から神田鍋町の鋳物師太田駿河守正義によって鋳造されたことがわかる。本像の高さは2.71メートル、品川寺に次いで第2番の宝永7年(1710)に造立された。他の六地蔵は鍍金が施されているのに対し、記録では本像は像の表面を布目条にやすりをかけ、弁柄色の漆を塗った上に金箔を置いたあとが残っていたとある。永年の風雨により、損傷が著しかったため、平成11年(1999)に修復工事を行った。胎内仏として小形の銅造六地蔵菩薩坐像等が現存する。
 なお、江戸六地蔵は次のとおりである。
 品川寺 品川区南品川3丁目
 太宗寺 新宿区新宿2丁目
 真性寺 豊島区巣鴨3丁目
 霊巌寺 江東区白河1丁目
 永代寺 江東区(消滅)
 東京都文化財保護条例(昭和51年〔1976〕3月31日改正)により文化財指定種別を都重宝から東京都指定有形文化財に変更しましたので、石造標識については、このように読み替えてください。
 平成14年(2002)3月29日 東京都教育委員会


所在地 台東区東浅草2-12-13 (東禅寺)


  麺麭祖の由来
 木村安兵衛翁は文化の末年(一八一七年)下総国河内郡長岡又兵衛の次男に生まれ長して茨城県北相馬郡川原代村木村家に入り長女文女(ブナ)を娶り青年時青雲の志を抱いて江戸に出て藤堂藩に仕官市内見廻役御蔵番等の役についていた。
 明治維新に際し太政官出仕授産場の長を勤めていた伯父木村重義氏より入所者中に元長崎オランダ家敷にてパンの製法を習得した梅吉なる者の推薦を受けパン食の将来を先見し直ちに同氏を起用し明治二年(一八六九年)我国最初のパン店を東京芝日陰町に三男英三郎氏をして開業せしめたのである。
 然るに創業時のハツプス種による食パンは当時の日本人には容易に受けいれられず経営も仲々困難を極めたが日夜克苦製品の研究に心血を注ぎ其間、初代英三郎氏四男儀四郎氏の協力を得て遂に明治六年(一八七三年)酒種酵母菌による日本独特のアンパンを考案したところ偶々日本人の嗜好に合致し怱ちその名声を博しえに依り我国にパン食普及の基を造ったのである。
爾来九十年代々門下の指導養成に勉め木村家の名はパン屋の代名詞とまで云われる迄に至った。
 又文女(ブナ)は終始翁を扶けて創業時の苦難に堪え明治二十二年(一八八九年)翁の没後も克くその家名を保つと共に斯業の発展を図り明治三十年(一八九七年)四男儀四郎氏の継承を得て天寿を全うしたのである。
 今度六代目総本店当主木村栄一氏によって始祖御夫妻の記念像再建せらるるに当り始祖の偉業は我々木村家一門の亀鑑として感銘深きは勿論広く業界後進の指針として永くその御遺徳を偲び此の碑文を刻んで茲に顕彰する次第である。
  昭和三十四年五月九日
     東京銀座木村家睦会


 



忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性