忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区東上野6-18 (源空寺)

 江戸初期の町奴。本名は塚本伊太郎。備前唐津の士族で、幡随院の住職向導に私淑(一説には向導の実弟、または幡随院の門守の子ともいう)し、浅草花川戸に住み、奉公人を周旋する口入れ業に従事していたといわれる。
 当時町奴と呼ばれる任侠の徒が横行し、また、大小神祇組という旗本奴も市街を乱していた。やがて長兵衛は町奴の頭領となり、旗本奴の頭領水野十郎左衛門と張り合ったという。この辺は多くの伝説と潤色で構成の人々にもてはやされているため、つまびらかにはできない。
 慶安3年(1650)4月13日、水野十郎左衛門のだまし討ちにあって没した。年36。
 昭和2年(1927)3月 台東区教育委員会



       TOMB OF BANUIIN CHOBEE
               (Metropolitan HIstorical Site)
 Chobee was a Machiyakko(a man of chivalrous spirit)early in the Edo period.His real name was Tsukamoto Itaro.He was a samurai from Hizenkaratsu(Nagasaki prefecture)and privately apprenticed himself to the chief priest of the temple Banzuiin.He was said to have libed at Asakusa Hanakawado and worked in an emplyment agency.
 In those days there were many Yakko(gallants)rampant along the streets:there were two kinds:Machiyakko and Hatamotoyakko.The latter were from the retainer families of Shogun and the former with other roots.Chobee became the head of Machiyakko and competed with Mizuno Jurozaemon,the head of Hatamotoyakko.The details of their kompetition was not clear because they are full of legendar events and embroidered stories created by the people of coming ages.
 He was led into a trap and killed by Mizuno Jurozaemon on the 13th April,1650.His tomb was designated as a metropolitan historical site in 1927.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性