忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区東上野6-19-2 (源空寺)

 源空寺は浄土宗増上寺の末寺。寺伝によれば、円誉道阿が天正18年(1590)湯島(現、文京区)に草庵を結び、多くの信者を集めたことに始まり、徳川家康も道阿に深く帰依したという。慶長9年(1604)草庵の地に寺院を開き、開祖法然房源空の名にちなみ「源空寺」と称した。さらに、二世専誉直爾のとき、明暦3年(1657)の大火に遭って類焼、当地に移転した。



 源空寺の銅鐘は総高2メートル22センチで、江戸時代の銅鐘としては大型である。胴周りの銘文によれば、寛永13年(1636)三代将軍徳川家光の勧めをうけ、開山道阿が願主となり鋳造されたもので、徳川家康の法号「大相国一品徳蓮社崇誉道和大居士」、同秀忠の法号「台徳院殿一品大相国公」、家光の官職・姓名「淳和奨学両院別当氏長者正二位内大臣征夷大将軍源家光公」を刻んでいる。



 作者は「椎名勝十郎藤原義定」。鋳物師椎名家は、初代伊予守吉次より代々徳川将軍家御用鋳物師を務め、本銅鐘の作者義定もその一族と思われる。
 本銅鐘は、昭和19年(1944)に重要美術品の認定を受け、平成9年(1997)には台東区有形文化財として台東区区民文化財台帳に登録された。
 平成14年(2002)3月  台東区教育委員会



           Copper Bell(Cultural Asset of Taito City)
 Genku-ji Temple was opened in1604 and transferred to its current location after being severely damaged in the great fire of 1657.
 The copper bell of the present temple has a total height of 2.22 meters and is considered to be relatively large for copper bells produced  between the 17th and 19th centuries.Genku-ji Temple cast the bell in 1636 upon the request of thethird Tokugawa shogun.Tokugawa Iemitsu,Tokugawa Ieyasu,and his successor,Tokugawa Hideyada,as well as the third shogun Iemitsu's official governing name are inscribed on its surface.
 The artist responsible for making the bell was Shiina Yoshisada from the eminent Edo period foundry of Shiina.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性