忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区松が谷2-1-2 (正定寺)

 虎之助は直心影流島田派の剣客。文化11年(1814)に豊前国中津(現大分県中津市)藩士、島田市郎右衛門親房の子として生まれた。10歳頃から、中津半剣術師範堀十郎左衛門の道場で学んだ。上達が早く数年後には、半内で相手になる者はいなかったという。16歳の春および翌年には九州一円を武者修行し名声をあげた。
 天保9年(1838)に江戸へ出て、男谷精一郎の内弟子となった。1年余で、師範免許を受け、男谷道場の師範代を勤める。天保14年(1843)、東北方面に武者修行の後、浅草新堀で道場を開く。その道場には、勝麟太郎(のちの)も通った。



 虎之助は男谷に次ぐ幕末の剣豪といわれたが、嘉永五年(1852)9月16日に39歳で病没。墓碑には、「余、哀歎ほとんど一臂を失うごとし」と男谷精一郎の銘文が刻まれている。
 平成15年(2003)3月 台東区教育委員会


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性