忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区根岸2-10-4 (書道博物館)

東京都指定史跡
 中村不折旧宅(書道博物館)


 中村不折は、明治・大正・昭和初期の洋画家であり、慶應2年(1866)7月10日江戸八丁堀に生まれた。幼名を鈼太郎という。少年年時代を長野で過し明治20年(1887)上京し、浅井忠や小山正太郎鈼に師事し、明治美術会に出品するほか、「小日本」新聞の挿絵なども担当していた。明治34年(1901)から4年間フランスに留学し、ラファエル・コランやジャン=ポール・ローランスの教えを受けた。帰国後は、太平洋画会や帝国美術院の会員として展覧会活動を行う一方、太平洋美術学校校長として後進の育成にも力を入れ、多くの逸材を育て美術教育にも貢献した。
 書道界では、書家としての活動の他に書道博物館の創設者としても知られている。昭和11年(1936)11月3日に開館した書道博物館は、中国と日本の書道史研究上重要なコレクションを有する専門博物館で、重要文化財12点、重要美術品5点を含む1万6千点が収蔵されている。昭和20年(1945)4月の空襲で中村邸の居宅と蔵は焼失してしまったが、博物館とその収蔵資料および不折の胸像や石燈籠などは焼失を免れた。不折は大正2年(1913)から亡くなるまえまでの30年間、この根岸の地に住んだ。昭和18年(1943)6月6日78歳で死去、多磨霊園に葬られた。
 平成13年(2001)3月31日設置 東京都教育委員会

      Nakamura Fusetsu Kyu-taku
 Nakamura Fusaku was an European style painter and calligrapher active from the Meiji to early Showa Era.He was born on July 10,1866 in Hacchobori in Edo.He was called Sakutaro in his childhood;he spent his child days in Nagano before he moved to Tokyo in 1877.He was trained with Asai Chu and Koyama Shotaro.His paintings are shown at Meiji Art Society Exhibitions.Moreover,he undertook illustrations for the Newspaper Sho Nihon.He studied painting in France for 4 years since 1901,and had inputs from painters Rapael Collin and Jean-Paul Laurens.
 After his return to Japan,he was active in exhibitions as a member of the Pacific Paintinf Society and the ImperialFine Arts Academy,while he made great efforts in education of younger painters as a president of the Pacific Painting School,he thus contributed to the education in fine arts by producing excellent painters.He was a close friend of authors like Mori Ogai and Natsume Soseki,and painted illustrations and laid out the title strings for the cover pages of I Young Herbs,The Wild Daisy and others.
 In the field of calligraphy, he is known as a calligrapher as well as a founder of the Calligraphy Museum.In the Calligraphy Museum opened on November 3,1936,16000 pieces of which 12 are important cultural assets and 5 -important art treasures are collected.Nakamura family's residence and storehouse were lost with fires caused by US attacks in April 1945,but the museum and its collection,as well as a bust of Fusetsu and stone lantern escaped from fires.Fusetsu himself lived in the place of Negishi for 30 years since 1913.He died at the age of 78 on June 6,1943,and his body was buried in the Tama Cemetery.
    Tokyo Metropolitan Board of Education
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性