忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区根岸5-11-36 (㈱精華堂)

酒井抱一住居跡
 このあたりに、江戸時代後期の俳人画家酒井抱一(1761~1828)の晩年の住居雨華庵があった。
 抱一は姫路城主酒井忠以の弟。少壮より文武両芸に通じ、寛政9年(1797)京都で出家、文詮暉真の名を与えられ江戸の帰った。画は尾形光琳に私淑して一家をなし、また俳諧等にも秀で、谷文晁亀田鵬斎等の文人と親交があった。
 抱一は文化6年(1809)以来、この雨華庵に閑居し、土地の名物鴬に因んで鴬村(おうそん)と号し、正月15日には画始、10月5日には報恩講を開き、また文政9年(1826)6月には、庵で光琳忌を催している。抱一の後を継いだ画家鴬蒲もここに住して、雨華庵二世と呼ばれた。
 平成6年(1994)3月 台東区教育委員会


       SAKAI HOITSU'S HOUSE REMAINS
 In the end of Edo ara,the famous artist Sakai Hoitsu (1761~1828)lived around here.In his later years of life,he moved to this house and named it Uge-an.Hoitsu was a student of the famous artist Ogata Korin and was also good friends with the famous artists Tani Buntyo and Kameda Bosai. Since 1809 Hoitsu lived in Uge-an,on January 15th of each year he invited his artist friends to his home and together they all would start their first art piece of the new year.In 1826 in June he held a remembrance ceremony for his late teacher Ogata Korin.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性