忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区谷中1-7-15 (玉林寺)

 望湖山玉林寺は天正19年(1591)現在地に創建された曹洞宗の寺院である。本堂裏側にそびえるシイの種類はスダジイであり、幹囲り5.63メートル、樹高9.5メートル、枝張りは東に3.5メートル、西に2メートル、南に7.5メートル、北に4メートルを計る。玉林寺創建以前から存在していたと言われ市街化した地域に遺存する巨樹として貴重である。
 平成3年(1991)から平成5年(1993)にかけて大規模な外科手術を行った結果、樹勢は回復しつつある。スダジイは、一般にシイノキと呼ばれるブナ科の常緑高木で、福島県・新潟県以南の本州、四国、九州、沖縄に分布する。
 雌雄同株で6月頃上部に雄花の穂を、下部に雌花の穂を出す。果実は、1.5センチ程の大きさで2年目に熟し食用となる。材は家具・建築・パルプ用材として広く使われている。
 平成6年(1994)3月31日建設 東京都教育委員会

         Gyokurin-ji no Shii

 This is the castanopsis siebolbii which is located behind the main building of Gyokurin temple.It is about 14.2 m high and has about 6.3 m trunk circumference.As there was a big empty hole around the roots and big branches were dry and damaged,an operation for recobering was conducted between 1991 and 1993.It is said  that it had already been standing when Gyokurin temple was built in 1591.It is a precious tree as one of few remaining giant castanopsis sieboldii trees in an urban area.Castanopsis sieboldii are evergreen tall trees belonging to Fagaceae and usually called red oak.The fruits can be eaten and the timber is widely used for making furniture and others.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性