忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 台東区雷門1-15-12

 ふるさとの 月のつゆけさ 仰ぎけり

 久保田万太郎は明治22年(1887年)11月7日此地に生まれ 市立浅草尋常小学校へ入学 府立三中に学び大正3年(1914年)慶應義塾大学文科を卒業し 10月移転する迄の26年間在住した
 昭和38年(1963年)5月6日永眠するまでの明治 大正 昭和の三代に亘り 常に下町の義理と人情を描写した小説 戯曲の作品多く 其他文学 演劇界に多大の功績を残した作家であった 此の生誕の地に有志相はかり句碑を建立して永遠に久保田文学を讃えたい
  昭和52年(1977年)8月吉日 建立

題字:内山栄一台東区長
句:「九月二十六日、十五夜、たま々浅草にあり」として昭和二十五年作、二十七年『冬三日月』に収録されて居る句を碑に刻す

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性