忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区下谷2-13-14

小野照崎神社
 
東京下町 八社福参り 学問芸能

 小野照崎神社の祭神は、平安初期の漢学者・歌人として著名な小野篁である。創祀の年代は不明だが、次のような伝承がある。篁は上野国司の人気を終え、帰洛の途についた際、上野照崎(忍岡、現在の上の公園付近)の風光を賞した。仁寿2年(852)篁が亡くなったとき、その風光を楽しんだ地に彼の霊を奉祀るした。その後、江戸時代をむかえ、寛永2年(1625)忍岡に東叡山寛永寺を創建するにあたり、当社を移転することとなり、坂本村の長左衛門稲荷社が鎮座していた現在地に遷した、というものである。また、一説には、忍岡から孔子聖廟昌平橋に移った元禄4年(1691)頃に遷座したのではないかともいう。



 現在の社殿は慶応2年(1866)の建築で、関東大震災や東京大空襲などを免れた。また、境内には、富士浅間神社・御嶽神社・三峰神社・琴平神社・稲荷神社・織姫神社、さらには庚申塔が現存する。


                                                                      御嶽神社・三峰神社

 例大祭は5月19日で、3年に1度、本社の神輿渡御が行われる。
 平成11年(1999)3月  台東区教育委員会


                                                                       稲荷神社・織姫神社

                 ONOTERUSAKI SHRINE
 The Ono Terusaki Shrine is dedicated to Ono-no-Takamura who was a schorar of Chinese classies in the carly years of the Heian Era.
 This shrine,which is lacated at Shinobugaoka,near Ueno Park(formerly knoun as UenoTerusaki),was of ten visited by Ono-no-Takamura.He felt at Peace here,and appreciated the landscape.He visited to come here unitil his death in 852.Afterwards in 1625,when the KaneijiTemple in Ueno was founded,the shrine was relocated tothepresent site.The current building was established in 1866 at the end of the Edo Era.It survived the Great Earthquake of 1923 and escaped destruction duringathe Second World War.
 Also in this shrine,there,is aminiature of Mt.Fuji,which was designated as an important tangible folk cultural asset.On July 1 of every year."Climbing"of the miniature Fuji takes place. 


                                                                                         庚申塔
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性