忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区橋場1-28-3

東京都指定旧跡
 妙亀塚


 この妙亀塚のある地は、かつて浅茅ヶ原と呼ばれた原野で、近くを奥州街道が通じていた。
 妙亀塚は、「梅若伝説」にちなんだ名称である。「梅若伝説」とは平安時代、吉田少将惟房の子梅若が、信夫藤太という人買いにさらわれ、奥州へつれて行かれる途中、重い病にかかりこの地に捨てられ世を去った。我が子を探し求めてこの地まできた母親は、隅田川岸で里人かた梅若の死を知らされ、髪をおろして妙亀尼と称し庵をむすんだ、という説話である。謡曲「隅田川」はこの伝説をもとにしている。
 塚の上には板碑が祀られている。この板碑には「弘安11年(1288)戌子5月22日孝子敬白」と刻まれており、区内でも古いものである。しかし、妙亀塚と板碑との関係は、明らかではない。
 なお墨田川の対岸、木母寺(墨田区堤樋)境内には梅若にちなむ梅若塚(都旧跡)があり、この妙亀塚と相対するものと考えられている。
 平成15年(2003)3月 台東区教育委員会



       Myokizuka(Metropolitan Historical Site)
 This place marks the site where the Oshu Kaido Road once passed through the field of Asajigahara.Myokizuka taked its name from the Umewaka Legend.During the Heian Period(794-1192),the child of Yoshida Korefusa-Umewaka-was kidnapped by Shinobu no Tota.On the way to Oshu,Umewaka became very ill and is said to have passed away in this area.Looking for her child, Umewasa's mother came to this site where she learned of the youth's death from a villager.Legend has it that in order to grieve for her child's death the mother took holy orders with the Myoki hermitage.This is the subject of the Noh play Sumidagawa.
 There is a stone monument atop the burial mound.The date inscribed upon the tablet is the "May 22nd,1288 "making it one of the oldest historical sites in the Ward.However,the relationship between the burial mound and the stone monument is not quite clear.
 The Mokuboji Temple,still located on the opposite bank of the Sumida River (Sumida-ku,Tsutsumi dori),also has a burial mound "Umewaka"(Metropolitan Historical Site)named after Umewaka and it is thought to be related to this mound. 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性