忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [47] [48] [49] [50]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 台東区浅草2-3-1 (浅草寺)

東京都指定有形文化財(歴史資料)
西仏板碑
指定 昭和17年(1942)9月 旧跡
    
昭和56年(1981)3月12日 種別変更⇒歴史資料

 建立者の西仏(さいぶつ)については明らかではないが、この板碑(いたび)は彼が妻子の後世安楽を祈って建立したものと推測される。建立の年代も不詳であるが、鎌倉末から室町初期かと思われる。
 
上部が破損しているが、製作時には3m近くあったものと思われる。寛保2年(1742)暴風雨によって倒れ破損、文化11年(1814)に有志が側柱を立てて支えたという。材質は秩父粘板岩(青石)。
 
現存の板碑の大きさは高さ217.9cm、幅48.0cm、厚さ4.7cm。
 
中世の信仰を知るうえで貴重な遺品であり、かつ巨大板碑の典型例である。
  
平成8年3月25日建設 東京都教育委員会

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性