忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区西浅草3-14-1 (天嶽院)

東京都指定旧跡
 細井平洲墓 ほそいへいしゅう
       昭和17年(1942)9月指定

 江戸中期折衷学派の儒学者。享保13年(1728)尾張国知多郡に生まれた。名は徳民。通称甚三郎。延享年間に名古屋に出て、中西談淵に学び、やがて江戸に出て芝三島町(現在の港区芝大門1丁目)に談淵とともに叢桂社をおこした。出羽米沢藩主上杉治憲(鷹山)に招かれて藩校興譲館の教学振興に努め、藩政改革の教学面を指導して、改革理念の普及、家臣団の統制に大きな役割をはたした。また、天明3年(1783)には、尾張名古屋藩に招かれて藩校明倫同の督学兼継迷館総裁となり、民衆教化に努めた。享和元年(1801)6月29日江戸尾張藩邸で没した。著書に『平洲小語』『詩経夷考』などがある。
 平成2年12月27日再建 東京都教育委員会

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性