忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区谷中1-4

三浦坂
『御府内備考』は三浦坂について、「三浦志摩守下屋敷の前根津の方へ下る坂なり、一名中坂と称す」と記している。三浦家下屋敷前の坂道だったので、三浦坂と呼ばれたのである。安政3年(1856)尾張屋版の切絵図に、「ミウラサカ」・「三浦志摩守」との書き入れがあるのに基づくと、三浦家下屋敷は坂を登る左側にあった。
 三浦氏は美作国(現岡山県北部)真島郡勝山二万三千石の藩主。勝山藩は幕末慶応の頃、藩名を真島藩と改めた。明治5年(1872)から昭和42年1月まで、三浦坂両側一帯の地を真島町といった。『東京府志料』は「三浦顕次ノ邸近傍ノ土地ヲ合併新ニ町名ヲ加ヘ(中略)真島ハ三浦氏旧藩ノ名ナリ」と記している。坂名とともに、町名の由来にも、三浦家下屋敷は関係があったのである。
 別名の中坂は、この坂が三崎坂善光寺坂の中間に位置していたのにちなむという。
 平成4年(1992)11月 台東区教育委員会



          Miura-zaka Slope
 According to a local topography of the Edo period(1600-1868),the slope leadeng down to Nezu known as Naka-zaka Slope was also known as Miura-zaka Slope because it led from in front of the third mansion of the Miura family.
 The head of the Miura household was the feudal lord of the Katsuyama clan in Mimasaka province(present-day Okayama prefevture).At the edn of the Edo period the Katsuyama clan changed its name to Mashima,and the areas on voth sides of Miura-zaka Slope came to be known as Mashima town.Thus both the name of the slope and the name of the areas on either side of it were connected with the mansion of the Miura family.
 It is said that the alternative name of Naka("middle")-zaka Slope is associated with the fact that this slope was located in between two other slopes.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性