忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区谷中4-4-33 (天龍院)

東京都指定旧跡
 伊東玄朴墓


 伊東玄朴は、近世後期の蘭方医。寛政12年(1800)、肥前国仁比山村(現、佐賀県神埼郡神埼町)の農家に生まれる。医学を志し、長崎では通詞猪股伝右衛門とドイツ人フォン・シーボルトに師事してオランダ語、西洋医学を学んだ。
 文政11年(1828)、江戸に出て、本所番場町(現、墨田区東駒形1丁目)で開業、翌年下谷長者町(現、台東区上野3丁目)に転居し医療を施し、天保2年(1831)には、佐賀藩医となった。天保4年(1833)、移転した下谷和泉橋通(現、台東区台東1丁目)の家は、象先堂と称し、訪れる者が列をなしたという。
 玄朴は、嘉永2年(1849)、幕府が発した蘭方禁止令、蘭書翻訳取締令に対抗するため、私設種痘所の建設を企画、同士に呼び掛けた。安政5年(1858)、神田お玉が池(現、千代田区岩本町)に設立され、これが蘭方医学を幕府に認めさせる突破口となった。種痘所は、翌年火災による焼失のため、玄朴宅の隣地である下谷和泉橋通に移転、再建された。万延元年(1860)には、幕府直轄となり翌年西洋医学所と改称、玄朴はその取り締まりに任命された。その後は明治政府に引き継がれ、現在の東京大学医学部の前身となった。
 玄朴は、明治4年(1871)、72歳で没し、ここ天龍院に葬られた。ドイツ人ビショップの著書の翻訳『医療正始』は、現在でも高く評価されている。
 なお、台東1丁目30番には、種痘所跡・伊東玄朴居宅跡の説明板が建っています。
 平成14年(2002)3月 台東区教育委員会

    Tomb of Ito Genboku(Metropolitan Historical Site)

 Ito Genboku was a physician of Dutch medicine at the end of the Edo Period.He was born into an agricultural family from what is now Saga Prefecture in 1800.Wishing to become a doctor,he translated from the Dutchlanguage and studied Western medicine under the German physician Philipp  Franz von Siebold in Nagasaki.
 He bigan his practice in Edo(present day Tokyo)in 1828 and,in 1831,became an officialphysician of the Saga Domain.From 1833,he began to receive many students and visitors at his residence-cum-school known as the Shosen-do located on Shitaya Izumibashi Street.
 The central focus of his endeavors came to be the foundation of the first inoculation center in Edo.Built in 1858 in Kanda Otamagaike,it was relocated the following year inIto's neghborhood on Shitaya Izumibashi Street.In 1860,the Bakufu government took over direct control of the center,renamed it the Seiyo Igaku sho(Institute of Western Medicine),and appointed Genboku in charge of its management.After the transition from Tokugawa University of Tokyo School of Medical Science. In 1871 Ito Genboku died at the age of 72 and was buried here at Tenryu-in Temple.
 Further information can be found in the posted explanation at Ito's home and inoculation center located at Taito 1-30.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性