忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区谷中5-4-7 (全生庵)

  弘田龍太郎ひろたりゅうたろう
 「春よ来い」「叱られて」などの作曲家。明治25年(1892)、高知県に生まれる。大正3年(1914)、東京音楽学校(現、東京藝術大学)を卒業、さらに研究科を修了し母校で教えた。昭和3年(1928)、ドイツに留学、翌年に帰国し7月、同校教授に任命されたが、9月には作曲活動に専念するため職を辞した。
 弘田龍太郎は、作曲や合唱指導など音楽活動に大きな足跡を残した。さらに晩年には、幼稚園を設立、園長となり幼児の音楽指導にあたった。特に中山晋平らとともに多くの童謡を作曲したことはよく知られている。その活動は幅広く作品は千数百曲にも及ぶという。主な作品には、「くつが鳴る」「雀の学校」「雨」「鯉のぼり」「お山のお猿」などの童謡、「浜千鳥」「小諸なる古城のほとり」「千曲川旅情の歌」などの歌曲があり、今なお愛唱されている。このほか歌劇、合唱曲、仏教音楽、舞踊曲など多方面にわたる作曲活動を行った。
 昭和27年(1952)、文京区本郷の自宅で亡くなり、ここ全生庵に葬られた。享年60歳。平成元年春、親族によって、龍太郎夫妻が眠る墓のかたわらに、「叱られて」(清水かつら作詞)の譜面と、作曲家松村禎三の撰文が浮き彫りされる碑が建立された。
 平成14年(2002)3月 台東区教育委員会

    The Tomb of Hirota Ryutaro and the Monument to His Music
 Born in 1892 in Kochi Prefecture,Hirota Ryutaro is known for several famous compositions,including Haru yo koi(waiting for Spring)and Shikararere(Enfadas).Graduating from the Tokyo School of Music (currently Tokyo National University of Fine Arts and Music)in 1914,he was also a researcher and educator.Going to Germany for further scholarship in 1928,he returned to Japan in July of the following year to take an appointment as professor at his alma mater.However,he decided to retire from this position in September of the same year in order to devote himself to musical komposition.
  Hirota Ryutaro has had a tremendous influence in the world of music with both his compositions and choral arrangements.He was very active and has been vredited with over a thousand songs.His major works include;kutsu ga naru(Shoes Squeak).Suzume no gakko(Sparrow's School),Ame(Rain),Koinobori,Oyama no osaru (Mountain  Monkey),and Chikumagawa ryojo no uta.His music is still greatly cherished.
 He died in 1952 and was buried here at Zensho-an Temple.The memorial that sits beside the grave he shares with his wife was erebted by his relatives in 1989 and desplays the music and lyrics of Shikararete(Enfadas).
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性