忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区谷中4-3-5

領玄寺貝塚
 貝塚とは、縄文時代の人々が食用とした貝の殻をはじめ、土器や石器を投棄した場所をいう。貝塚は、その地が当時海辺であった証拠である。
 領玄寺から北隣の妙円寺にかけて、縄文時代中・後期(紀元前3000年~1000年ころ)の小規模な貝塚が点在し、

貝―ハマグリ・マガキ等、12種類の貝
土器―勝坂式(中期前半)・加曽利E式(中期後半)・堀之内式(後期前半)等の土器
石器―打製石斧・石鏃・石錘等

などの遺物が発見されている。
 領玄寺貝塚は上野台地の西端に立地し、北方には同時期の延命院貝塚が見られ、現在のJR線路に沿っては天王寺貝塚(谷中霊園内)や新坂貝塚(鴬谷駅南口付近)などの貝塚が分布する。かつて、上野台地は西側に旧石神井川(藍染川)の流れる谷があり、東には海岸線が広がっていて、漁撈生活を営む縄文時代人には住みやすい土地であった。
 平成7年(1995)3月 台東区教育委員会



            RYOGENJI SHELL MIDDEN SITE
 Ancient remains such as stone tools,pottery,ans clam shells,believed to date from the middle to late Jomon period(3000-1000BC)have been excavated from around here.Three other sites have been found around the end of the hill.In ancient temes a river flowed along the western side of the hill and on the eastern side lay the sea.This provided fresh water and excellent fishing for the Jomon Period people,making this an ideal place for a settlement.

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性