忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区上野公園9-88 (上野恩賜公園 上野東照宮

    「広島・長崎の火」の由来
 1945年8月6日・9日、広島・長崎に人類最初の原子爆弾が米軍によって投下、一瞬にして十数万人の尊い生命が奪われました。そして今も多くの被爆者が苦しんでいます。
 広島の惨禍を生きぬいた福岡県星野村の山本龍雄さんは、叔父の家の廃墟に燃える原爆の火を故郷に持ち帰り、はじめは形見の火、恨みの火として密かに灯し続けました。しかし、長い月日の中で、核兵器をなくし、平和を願う火として灯すようになり、1968年8月6日、星野村は、この「広島の火」を「平和の火」として、村人の手によって今日も灯し続けています。
 核兵器の使用は、人類の生存とすべての文明を破壊します。
 核兵器を廃絶することは、全人類の死活にかかわる緊急のものとなっています。
 第二のヒロシマを
 第二のナガサキを
  地球上のいずれの地にも出現させてはなりません。
 これは「ヒロシマ・ナガサきからのアピール」(1985年2月)の一節です。
 1988年、3千万人のこのアピール署名と共に「広島の火」は長崎の原爆瓦から取った火と合わされて、ニューヨークの第三回国連軍縮特別総会に届けられました。
 同1988年4月、「下町人間のつどい」の人々は、この火を首都東京上野東照宮境内に灯し続けることを提唱しました。上野東照宮嵯峨敞全宮司は、この提唱に心から賛同され、モニュメントの設置と火の維持管理に協力することを約束されました。
 広範な人々のよびかけによって、翌1989年4月、「上野東照宮境内に〈広島・長崎の火〉を灯す会」が結成されました。それから一年余、数万人が参加した草の根の運動と募金により、1990年7月21日、モニュメントが完成しました。
 被爆45周年を迎えた8月6日に星野村の「広島の火」が、8月9日に長崎の原爆瓦から採火した「長崎の火」が、このモニュメントに点火されました。
 私たちは、この火を灯す運動が、国境をこえて今緊急にもとめられている核兵器廃絶、平和の世論を強める全世界の人々の運動の発展に貢献することを確信し、誓いの火を灯し続けます。   
 1990年8月 上野東照宮境内に「広島・長崎の火」を灯す会



       The Origin of "the Flame of Hiroshima and Nagasaki"
On August6,1945,US forces dropped the world's first atomic bomb on Hiroshima,and anothe on Nagaski on August 9 the same year,claiming the lives of hundreds of thousands of people in an instant.Even now,many survivors are still suffering from the damage.
 
Sometime later,Tatsuo Yamamoto went to Hiroshima in search  of his uncle,and found a flame of the atomic bomb burning in the ruins of his uncle's house.He brought it back to Hoshino-mura,his houmetown in Fukuoka perfecture.He kept it burning in his house as a memento of his uncle and an expression of his resentment.But years went by,the meaning of the flame turned into a symbol of his desere for abolition of unclear weapons and for peace.Hosiino-mura village build a torch and transferred the flame to it on August 6,1968.It has been keeping the flame ever since as the flame for peace,with the support of the villagers.

 "The use of unclear weapons will destroy the whole human race and civilization ...The elimination of unclear weapons...has bicome the most urgent and crucial for the very survivals of the whole of fumanity.
There must never be another Hiroshima anywhere on earth.
There must never be another Nagasaki anywhere on earth."
(From the "Appeal from Hiroshima and Nagasaki"issued in February 1985)
In 1988,a flame was taken from the torch and was merged with another flame lit by the friction of broken roofing tiles of Nagasaki.Along with 30 million signatures collected in suppport of the"Appeal from Hiroshima and Nagasaki",it was carried to the third Special Session of the UN General Asembly for Disarmament takinga place in New York City.

In April the same year,members of "Shitamachi People Association"put forward an idea of lighting the flame at the precinct of Ueno Toshogu Shrine inTokyo.Rev.Shozen Saga,the chief priest,warmly welcomed the proposal,and promised to set upa monument and work together to keep the flame burning.

In April 1989,an "Association for the Flame of Hiroshima & Nagasaki Lit at the Ueno Toshogu"was founded with the people of wade ranging people.Tens of thousands of people took part in the fund-raising for over one year and the construction of the monument was completed on July 21,1990.

In commemoration of the 45th year of the A-bomb tragedies,a flame of Hiroshima was taken from Hoshino-mura and lit at the monument on August 6,and a flame of Nagasaki,generated by the fribtion of Nagasaki roofing tiles,was also added to the monument.

We,hereby pladge to keep burning the A-bomb flame,convinced that this monument should contribute to strengthening the worldwade people's movement to abolish unclear weapons and achieve peace,which is the most urgent task for the people across the borders.

August 1996
Association for the Flame of Hiroshima&Nagasaki Lit at the Ueno Toshogu     
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性