忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区上野桜木1-14-11

    上野東叡山寛永寺
 天台宗の関東総本山。徳川歴代将軍の菩提所。寛永2年(1625)天海僧正の創建です。江戸時代、上野の山全体が寛永寺境内でした。創建当時は江戸城の鬼門を守る祈願所でしたが、のちに芝の増上寺とともに将軍家の菩提所にもなりました。
 寺名は、「寛永」の年号をとってつけられ、山号の東叡山は、天台宗総本山比叡山延暦寺にならい東の叡山という意味です。
 江戸時代最盛期の寛永寺は、子院三十六ヵ院(今は十九ヵ院)と本坊、根本中堂、文殊楼(吉祥閣)などの豪華な建造物をほこり、これを総称して寛永寺と言っていましたが、慶応4年(1868)5月15日の上野の戦争(彰義隊の戦争)により殆どの建物が焼失し、一部を残して新しく上野公園となりました。



 今の寛永寺本堂は、明治12年(1879)に天海僧正ゆかりの川越(埼玉県)の喜多院から本地堂(薬師堂)を子院であった大慈院の地に移築したもので、寛永15年(1638)の建造物といわれています。



  縁起   江戸開府400年記念
     東叡山寛永寺
 元和8年(1622)、徳川幕府2代将軍秀忠が、上野後を天台宗の僧天海に寄進したことから、寛永寺の歴史は始まります。本坊は寛永2年(1625)に竣工。根本中堂の完成は元禄11年(1698)のことです。江戸末期までの寛永寺は、いまの上野公園をはじめ、その周辺にも堂塔伽藍や子院が立ち並ぶ文字通りの巨刹であり、徳川将軍家ゆかりの寺にふさわしい威容を誇っていました。明治維新の際の上野戦争で大半が炎上し、その後明治政府の命令で境内も大幅に縮小され(約3万坪、江戸時代の十分の一ほど)現在に至っています。江戸開府400年を記念し、往時の寛永寺を描いた錦絵などで、江戸と現代を比較しつつここに寛永寺の歴史を紹介致します。



 境内には『本堂』、『銅鐘』、『慈海僧正墓』、『虫塚』、『尾形乾山墓碑・乾山深省蹟』、『了翁禅師塔碑』があります。
 境内墓地には
常憲院霊廟奥奥院
   5代将軍 徳川綱吉公(常憲院殿)墓所
   8代将軍 徳川吉宗公(有徳院殿)墓所
 13代将軍 徳川家定公(温恭院殿)墓所

 13代将軍 徳川家定公正室 天璋院篤姫墓所
厳有院霊廟奥院
   4代将軍 徳川家綱公(厳有院殿)墓所
 10代将軍 徳川家治公(浚明院殿)墓所
 11代将軍 徳川家斉公(文恭院殿)墓所)

厳有院霊廟 勅額門・水盤舎』、『常憲院霊廟 勅額門・水盤舎』があります。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性