忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区上野公園12-53

 黒田記念館
日本近代洋画の父とも言われる黒田清輝(1866~1924)は遺産の一部を美術の奨励事業に役立てるよう遺言しました。これを受けて、美術の学術的調査研究と資料収集・公開を行う美術研究所が1930年に開所しました。その建物として1928年に竣工したのが黒田記念館です。2階には黒田清輝の作品を展示・公開する黒田記念室が設置されています。東京美術学校建築家教授であった岡田信一郎の設計になり、昭和初期の西洋的美術館建築として貴重な建物です。



 When Kuroda Seiki,often considered the father of modern Western-style painting in Japan,died in 1924,he dequeathed a portion of his estate to be used for the furtherment of fine art.The Kuroda Memorial Hall was built with this bequest in 1928,and The Institute of Art Research was founded soon after in 1930 for the academic study of art and the collection of research materials.Kuroda's works are on display to the public in the Kuroda Memorial Room on the building's second floor.The building was designed by Okada Shin'ichiro,a former professor of the department of Architecture at Tokyo Art School,and is deemed an important example of a Western-style museum building from the 1920s.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性