忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[479] [480] [481] [482] [484] [485] [486] [487] [488] [489] [490]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区浅草2-3-1  (浅草寺 宝蔵門

 この大わらじは、山形県村山市の奉讃会によって奉納されている。延べ人員800人、1ヶ月をかけて制作されたものである。藁2500キログラムを要し、大変な労力が必要で、まさに信心の結晶といえる。昭和16年(1941)の奉納を最初に、宝蔵門再建後は、約10年に1度作られている。全長は4.5メートル。
 わらじは、仁王さまのお力を表し、「この様な大きなわらじを履くものがこの寺を守っているのか」と驚いて魔が去っていくといわれている。また、健脚を祈ってこのわらじに触れていく人もいる。 金龍山 浅草寺

    O-Waraji
 This pair of huge traditional straw sandals called "O-Waraji"had been made by 800 citizens of Murayama City in a month and devoted to Senso-ji.O-Waraji is made of straw and 2500 kilograms in weight,4.5 meters high.
 They are the charm against evils because they are symbolic of the power of "Ni-Ou".Wishing for being goodwalkers,many people will touch this "O-waraji".
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性