忍者ブログ
東京都台東区の歴史
[485] [486] [487] [488] [489] [490] [491] [492] [493] [494] [495]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 台東区浅草2-3-1 (浅草寺  鎮護堂

 この手水鉢は、明治13年(1880)市川一門により奉納される。
 制作者は部名で発起人は5代目市川新蔵。
 市川新蔵(1861~1897)は歌舞伎役者。8歳で4代目中村芝翫に入門、明治7年(1874)9代目市川団十郎の門下に就き、5代目市川新蔵を襲名、立役の花形として団門四天王の一人と称された。
 おたぬきさまは「たをぬく」と言われ、学芸成就のご利益があると、役者や芸能人にも信仰され、この手水鉢も人気の泉と呼ばれ親しまれている。
 金龍山 浅草寺
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性